2021年4月13日火曜日

因数分解、今日は大丈夫の巻

 本日小学算国、中3、中1理社。

中3英語は基本文テストを実施。テストの出来がくっきりわかれた。

0点の生徒がいたのは久々に怒り心頭だった。実際に怒りはしなかったが、かなりひどい。

真面目にやっている生徒たちが大部分なので、真面目に勉強する生徒たちが報われるようにしたいとは考えているが…。

次回は単語テストを実施してからunit2に入る予定だ。

中3数学は因数分解の続き。

和と差の積を使う場面と平方公式を使う場面をごちゃ混ぜにしないことが今日はポイントだった。

数学が得意な人には、そんなこと話すまでもないだろうというところなのだが、意外とつまずきがちなポイントだ。

今年の中3生たちはうまく乗り越えてさっとこなせるようになっていた。

今日のところはひとまず大丈夫だろう。

次回は続きで。




2021年4月12日月曜日

説明を書く、の巻

本日小6英語、中2、高校生。

小6英語は引き続きローマ字の学習。

少しずつ練習問題も入れていく。今日の感じならば、予定どおり今月でローマ字の学習を終えられそうだ。

中2英語はワークの問題演習。次回は単語テストを実施する予定だ。

中2数学は整数の性質の説明。

今日からは実際に説明を書いてみる段階に入った。

最初なので、まずはシンプルな問題からスタートしていく。説明問題の大まかな流れについて理解してくれればいい。

細かい表現などは、それほど気にしてもしかたがない。

要は筋が通る説明が書ければいいのだ。

最後にはだいたい書けるようになっていたが、どうしても説明を書くのを避けたがる生徒がいるのが気がかりだ。

論証、というと大げさなのだが、数学の勉強のひとつの柱となるので、きちんと筋道立てて書けるようになってほしい。

ただ答えが出るというだけで数学がわかった気になっていると、こうしたところでもほころびが見えてくる。

そうならないように取り組んでいくのだが、どうしても書くことを厭う生徒が出てしまうことがある。

早めに何とかしたいとは思っているのだが、果たして…。

2021年4月11日日曜日

じゅもんをしんじるかい?

 本日中3日曜受験講座。

国語は作文。前回書いたものは美香先生が添削してくれた。返却されて多くの生徒は添削された箇所をよくチェックしていたけれど、なかにはすぐにしまってしまい、添削の価値を自ら捨ててしまう生徒もいた。

英語は不規則動詞のテストをしてから恒例の単語300問。

おそらく全員が、自分の基礎力不足にショックを受けたはずだ。基本的な単語をどれだけ忘れていることか。

まあ、毎年ここがスタートだから、それほど深刻にとらえる必要はない。

あせらず、それでもできるだけ早く頭にたたき込んで語彙を増やしていってほしい。

数学は前回に引き続き展開の練習問題。

今回はいわゆる乗法公式で解いていく問題ばかりだ。

うちの塾の場合は、乗法公式を呪文を唱えるようにして使えるようにしていく。

平常授業の段階で、ひとつひとつ分配法則を利用して公式の成り立ちを解説してある。

あとは単純な数値当てはめにならないように、呪文を使っていく。

やがてこの呪文が因数分解の理解までつながってくることになる。



魔法を信じるかい? The Lovin' Spoonful - Do You Believe in Magic (Audio)





2021年4月10日土曜日

新高1生は辞書を購入、の巻

 本日中1、高校生。

中1英語はunit1の文法解説。一般動詞の否定文と疑問文についての練習問題。

前回よりはきちんとできるようになってきた。

日本語から英文に直すのもミスが減ってきている。

この時点で完璧に仕上げることを目指していないから、今の段階としてはOK。このあと混乱する時期がやってきて、そこを乗り越えて理解が固まるはずだ。

次回はbe動詞の文を解説する予定だ。混乱が徐々にやってくる。

中1数学は累乗の計算について。

今まではスムーズにやっていたが、今日は全員がちょっと苦戦。これは意外だった。

まあこれもトレーニングを積んで習得していくしかないだろう。

次回は続きで。

新高1生は前回、英語と古文の辞書の話をしたところ、早速購入してきた。

こういうレスポンスが早いのはいいことだ。

持ち運ぶのは電子辞書でいいのだけれど、手元に紙の辞書は必ず持っておきたい。

電子辞書は音声も出るし、便利は便利。

いっぽうで、紙の辞書をひくことにより、辞書そのものの扱い方をきちんと身につけてほしい。

そうすることで電子辞書の利用価値もさらに高まる。

どちらか一方だけですむ話ではない。

両方持って活用することが大事なのだ。

2021年4月9日金曜日

間延びしている、の巻

 本日小学算国、中3、中2理社。

中3英語は音読のあとワークの問題演習。

次回は基本文テストを実施する予定。

中3数学は因数分解に入って、共通因数でくくるパターンを扱った。

中3クラス、ここのところ、行動のきりかえが遅い。

新入塾生についてはしかたがないこともあるのだが(それでもそろそろしっかりしてほしい)、以前から在籍している生徒も間延びしている気がしてならない。

叱ればいいということでもないし、生徒自身が自分をコントロールできるようにならないと意味がない。

塾で真面目に勉強するということに関して、軽く考えているんじゃないのかなというのが率直な意見だ。

叱られなければ自分の行動を修正できない、というのではあまりにさびしすぎる。


2021年4月8日木曜日

基本文テスト、一発目

 本日小学算国、中2、高校生。

中2英語は今年度初の基本文テストを実施。

題数が多いこともあって、どのくらいきちんと覚えられているかが心配だったのだが、さすが、ミスも少なく暗記できていた。

新入塾の生徒たちは、まだ例文暗記という勉強に慣れていないこともあって、完璧とは言い難かったが、だんだん慣れてくるだろう。

まずはテストの準備をしっかりすること。この習慣ができあがれば暗記する力がついてくる。

暗記するためには暗記する練習が必要だ。

例文暗記だったら、とにかく何度も音読するのが最初にやることで、そのあとに英語→日本語、日本語→英語で正しく書けるか繰り返して(ここを繰り返すのが大事)、最後に暗記できているかを実際のテストと同じ形式で全てチェックし、ミスしたところは音読と書いて練習。そして完璧になるまでテストとミスの復習を繰り返していけばいい。

もちろん時間はかかる。何日かかけたほうがいい。

それでも、このやり方に地道に取り組んでいけば、暗記にかかる時間がだんだんと短縮できてくる。暗記する力がついてくるのだ。

小学校の漢字練習が代表的だが、一行ずつとか10回ずつとか、頭を使わない作業を強いられてきたせいで、覚える力がついていない生徒が小学生にも中学生にも多い。

覚えるための努力は必要だが、暗記は苦行ではない。

努力することは苦しむことと同義ではない。

ただひたすら頭を使うことなく単純作業を繰り返すだけでは賢くならないのは当たり前だ。

塾生には、まっとうに勉強して力をつけていってほしいと強く願う。

2021年4月7日水曜日

自力で解けるように

 本日小学算国、中1、中3理社。

中1英語は一般動詞の否定文と疑問文について。

今日の段階では、まだきちんとマスターしている感じではない。全員がそんな感じだ。

もちろん想定内ではあるので、次回練習問題をやっておく。

中1数学は前回の続きで乗除の混じった計算。

少しずつ解説しながら進めたこともあってか、ミスは少なくてすんだ。

一方でこの中1クラスは、さて自力でどんどん解こうといったときに手が止まる生徒がいるのが課題だ。

それもあって今日のような進め方をすることも多くなっている。

だが、自力でもりもり進められるようにならないと、最終的には実力が高まらない。

どこかのタイミングで切りかえていかなければ…。