2021年5月1日土曜日

単語テスト、良くないですね。

 本日中1、高校生。

中1英語はunit1の単語テストを実施。

良くないね、率直に言って。

明らかに勉強不足の生徒もいるし、合格点を取っていてもテストの時だけできるように詰め込んでいる生徒もいる。

中1の最初の段階なので、これから覚える能力はだんだんついてくると思う。

しかし、テストがあるから準備するという姿勢は必要だ。加えて、合格すればそれでいいというような詰め込みかたでは、結局テストの意味が薄れてしまうことになる。

覚えるべき単語は多い。しかも中1の最初は新出語句と小学生の復習でかなり多い。

それでも覚えなければならない。

単語を覚えない英語の勉強は、材料無しで料理するのと一緒だ。お子様のおままごとに過ぎない。

おままごとによって興味はわくかもしれないが、料理をする力はつかないのだ。

覚えるまで覚えるのが暗記の勉強の重要なポイントだ。

やったけど覚えられませんでした、と言う生徒がいるが、これは勉強が足りませんでしたと言っているのと同じ。

しかもうちの塾の単語テストは抜き打ちではない。

今日テストすることは、2週間くらい前から予告していたし、問題も解答も全て渡してある。

授業中に何度も音読し、宿題で確認。(無駄な練習はさせない)

こうやって繰り返してテストの日を迎える。

この取り組み方をきちんと繰り返すことで覚える能力も上がってくる。

ただし,毎回全力でテストに臨まない限り、いつまでたっても覚える力はつかない。

うちの塾は生徒が手を抜くことを要求してはいない。

無論、勉強が全てというような愚かなことも言わない。

だが、やるからにはきちんと向き合って取り組まなくては成長することはないのだ。