2021年4月8日木曜日

基本文テスト、一発目

 本日小学算国、中2、高校生。

中2英語は今年度初の基本文テストを実施。

題数が多いこともあって、どのくらいきちんと覚えられているかが心配だったのだが、さすが、ミスも少なく暗記できていた。

新入塾の生徒たちは、まだ例文暗記という勉強に慣れていないこともあって、完璧とは言い難かったが、だんだん慣れてくるだろう。

まずはテストの準備をしっかりすること。この習慣ができあがれば暗記する力がついてくる。

暗記するためには暗記する練習が必要だ。

例文暗記だったら、とにかく何度も音読するのが最初にやることで、そのあとに英語→日本語、日本語→英語で正しく書けるか繰り返して(ここを繰り返すのが大事)、最後に暗記できているかを実際のテストと同じ形式で全てチェックし、ミスしたところは音読と書いて練習。そして完璧になるまでテストとミスの復習を繰り返していけばいい。

もちろん時間はかかる。何日かかけたほうがいい。

それでも、このやり方に地道に取り組んでいけば、暗記にかかる時間がだんだんと短縮できてくる。暗記する力がついてくるのだ。

小学校の漢字練習が代表的だが、一行ずつとか10回ずつとか、頭を使わない作業を強いられてきたせいで、覚える力がついていない生徒が小学生にも中学生にも多い。

覚えるための努力は必要だが、暗記は苦行ではない。

努力することは苦しむことと同義ではない。

ただひたすら頭を使うことなく単純作業を繰り返すだけでは賢くならないのは当たり前だ。

塾生には、まっとうに勉強して力をつけていってほしいと強く願う。