2021年2月22日月曜日

いわねーんだもん

 本日小6英語、中2、高校生。

小6英語は今回がラスト。be動詞と一般動詞の区別を中心に授業を進めた。

新中1の英語の教科書は、最初からかなりハードルが高くなってしまっている。

おそらくゴールデンウィークあたりには英語の学力差は上下で大きく開くに違いない。

もちろんアルファベットからもう一度やっていくが、うちの塾でも中1の最初からいるかいないかで相当の差になってしまうだろう。

中2英語はprogram11のワーク問題演習。

これで中2内容をすべて終えた。

中2数学は確率の続き。次回もさらに進めていく。


中2の授業の合間に、新年度からの座席の希望を確認した。

うちの塾は中学生の授業では座席を指定している。ほとんど席替えはしない。

視力のこともあるし、席決めをする前にあらかじめ生徒に聞いておこうと思ったのだ。

おまけで、視力などに関係なく、どこの席に座りたいか希望する生徒がいるか聞いたのだが、誰も答えない。

実は「後ろのほうがいい」とバスの中で言う生徒がいると美香先生に聞いていた。

で、リクエストに応えるチャンスを作ったのだが…。

言わないんだもんな、こういうときに。


思い出すエピソードがある。

昔のラグビー日本代表の合宿でのこと。

大西鉄之祐監督が選手たちに聞いた。「合宿中は禁酒だが、どうしても晩酌が必要な者はいるか?」

普段から厳しい監督からそんなことを聞かれても、選手たちが晩酌が必要ですなんて言えるわけもない。

しばしの沈黙。

そしてすっと手が上がる。

「私は晩酌が必要です」

監督は「わかった。おまえだけやな」そう言って、その選手だけは晩酌が夕飯の時に付いてきたという。

他の選手たちはあとから「俺も言えばよかった」とその選手をうらやましがったらしいが、後の祭り。

どこの本で読んだのか、ちょっと忘れていて細部が間違っているかもしれないが、そんなエピソードを思い出す。

生徒たちも私のことを厳しく怖いと思っているようだが、私自身のスタンスとしてはこのエピソードの大西監督のように振る舞いたいと考えている。

だから、チャンスがあればきちんと意思表示をしてほしい。

その意思表示をできる限り活かそうと、いつも私は考えている。